ESDあいち・なごや子ども会議全体会議
 10日(月)に,名古屋国際会議場でESDあいち・なごや子ども会議全体会議が行われました。
本校から5年生の渡邊碧以くんが参加しました。



 子ども会議では,ESDユネスコ世界会議に向け,「持続可能な社会は,未来を考え,お互いを思いやり行動することであり,みんなが主人公になってESDに取り組んでいく」というメッセージ(案)が提案され,了承されました。
 続いて,コースごとに発表を行いました。碧以くんは,7月5日の発足式以来,生物多様性(山,上・中流域)コースで現地調査やグループ討議を重ねてきました。


「わたしのESD宣言」のフリップには,「これからESDのことを広めて,地球の動植物を守る活動をしたい」とまとめていました。

 そして,5Rのうちの,「リユース」の大切さについて全体の前で堂々と発表し,大きな拍手をもらう姿が見られました。


最後に閉会宣言をみんなで行い,記念撮影を行いました。碧以君は,中心に位置取り,最高の笑顔で写真に収まっていました。
 
 現在,碧以くんを中心に,5年2学級で全校にESDをどのように広めていくのかを考え,劇や歌や説明を合わせて全校集会を開こうと話し合いや準備をしています。
全校のみなさん,楽しみにまっていてくださいね。