授業の最後に熱気球に乗ったよ(4年1学級)
4年1学級の理科の授業では,ソーラーバルーンをつうじて,空気の熱膨張について学んできました。
授業の最後に,大きな体積の空気をあたためると人間が空高くあがれることを体験するために,熱気球に搭乗しました。



扇風機で空気を入れていきます。その大きさに子どもたちはびっくりです。


さぁ,いよいよ,大空へ出発です。


地上からはみんな,手をふって見送ります。
 

ゆっくりと気球は空へあがっていきました。