附属小最後の研究会で見せた輝く姿(6年)
11月15日(火)に行われた第67回生活教育研究協議会では,授業に取り組む子どもたちの姿が,いつも以上に輝いて見えました。18歳の選挙権をどのように使えばよいのか,仲間と意見交流をするなかで,自分の考えを深める姿。自分が同じことをしないために何を工夫したらよいのか考えたり,6年間の思い出の場所について,仲間と真剣に話し合ったりしている姿。外国の人に八丁味噌のよさをどのように伝えていったらよいのか,実際の会話を試すことで,自分なりの表現方法を見直す姿。附属小学校の最高学年として今まで培ってきた学ぶ姿を見せてくれました。