新館のリーダーとして成長した4年生
 4月,「新館のリーダーとして,下級生に自分たちの姿でお手本を示す学年になりたい」そんな思いでスタートした4年生。この1年間を振り返ると,ペアの手をひいて優しく声をかけながら接する姿を見せたペア遠足,ほうきやぞうきんがけなど自分の仕事に責任をもって取り組む姿を見せた日々の清掃。仲間と協力しながら力いっぱい自分の力を発揮する姿を見せてくれた運動会やお別れ音楽会。そして,高学年への仲間入りの一歩として,歌や姿勢,そして表情で6年生に感謝の気持ちを伝える姿を見せた卒業式。この1年間で,子どもたちはそれぞれの場面で新館のリーダーであることを意識して行動することができました。そして,下級生のことを考えながら行動するなかで,「来年度は自分たちが6年生を支え,学校を引っ張っていきたい」と語る姿が見られるようになりました。
 来年度は,林間学校や秋の大運動会での「力・力・力」など,今年以上に多くの経験を通して附属小学校を引っ張っていく存在になってくれることでしょう。全員が力を発揮し,附属小学校のリーダーとして活躍する姿を願っています。