附属特別支援学校との運動会プログラム交換会
9月6日(火)に,附属特別支援学校のみなさんをお迎えして,互いの運動会のプログラムを交換しました。執行委員が学校の代表として,すばらしい運動会を作り上げることを伝えました。執行委員が来校してくれた附属特別支援学校のみなさんを玄関から図書室に案内し,帰りも玄関の外まで笑顔で見送る姿に,互いに協力をしてすばらしい学校を築き上げていこうという気持ちを感じました。現在,9月17日(土)に行われる附属特別支援学校の運動会に参加するふぞくっ子を募集しています。



 毎日の積み重ねで(5・6年生)
5・6年生は附小運動会の花形である「力・力・力」に取り組んでいます。5年生はこれまで憧れてきた組立体操にいよいよ挑戦となり,6年生は新たな伝統を刻もうと,どちらの学年もやる気に満ち溢れています。今年のテーマは「いっしん」です。「一身・一心・一新」のそれぞれのことばに込められた意味を考え,運動会当日に向けて,日々成長できるように励んでいます。


指先まで意識するよ


バランスをうまくとるよ


倒立もできるようになったよ

 クラスやペアの子と一緒に踊ったよ(3・4年)
 2学期が始まり,最初の行事である運動会に向けて,今日から表現運動が始まりました。3・4年生は,ペア学年と一緒に踊れる唯一の学年ということで,学年や学級だけでなく,ペア学年として協力して,元気よく,笑顔で踊りたいと子どもたちはやる気に満ちていました。これから本番まで,みんなで演技を高めていきたいと思います。